Webセミナー

お忙しい先生方の診療にお役立ていただくためにWebセミナーを開催しております。ご自宅や病院、診療所などから、ご視聴いただけます。

#

花粉症

都市部通年性花粉アレルゲン微粒子の挙動と弊害/鼻炎の病態にかかわる神経メカニズム

【ライブ配信】 2022年2月14日(月) 19:00 ~ 20:00

都市部通年性花粉アレルゲン微粒子の挙動と弊害

【演者】

王 青躍先生 埼玉大学大学院理工学研究科 教授・工学博士
王 青躍 先生

木本類と草本類花粉などの通年性花粉粒は粗大粒子に分類され、気道上部だけに沈着されると考えられてきた。しかし、近年、都市部大気中で通年性花粉とそのアレルゲン物質が微小粒径へ移行し、アレルギー性気管支喘息などの疾患を引き起こし、次元を超えて増悪化しつつある。都市部花粉対策は、花粉飛散量だけでなく、大気汚染との関連を意識して行うべきである。今後様々な対策技術を含めて多くの分野の知見を結集して対処にあたる必要がある。

鼻炎の病態にかかわる神経メカニズム

【演者】

近藤 健二先生 東京大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 准教授
近藤 健二 先生

鼻は外界の変化や個体の体内環境に即応して呼吸機能を調節するため知覚神経、交感神経、副交感神経を介した粘膜機能制御を行っています。これらの神経メカニズムは鼻の生理機能に必須であると同時に、アレルギー性鼻炎の病態生理にも深く関わります。本Webセミナーでは鼻粘膜局所の神経機能、全身の神経活動と鼻粘膜の変化について様々な話題を取り上げます。

案内リーフレット 申込

HOME の中の Webセミナー