HOME の中の 領域別情報 の中の 神経

神経

  • セレジストチャンネルチャンネル
  • 文献情報
  • 学術情報
神経の最新コンテンツ

文献情報
Medical Review Digital Library

Medical Review Digital Library

メディカルレビュー社が提供するデジタルコンテンツライブラリです。メディカルレビュー社の既刊学術雑誌より抜粋し毎月ご紹介します。

2019/10 new 会員

【連載 一目でわかるクリニカルレシピ】
多発性硬化症の食事

製品別特集
飲みやすさ、扱いやすさを配慮したセレジストOD錠。これからも最新情報の発信・提供に取り組んでいきます。
cdt_key_visual
学術情報
ALSの診断、治療及びトータルマネジメント

ALSの診断、治療及びトータルマネジメント

ALSの早期診断に関する重要なポイント、また、早期から治療を実施する意義について、解説しております。さらに、トータルマネジメントとして呼吸サポート、PEG造設、栄養管理、患者様の痛みに対するケアの仕方など、さまざまな角度からALS患者様へのマネジメントについて解説しております。

2019/11/12new会員動画

IMUSERA SEVEN

IMUSERA SEVEN

イムセラ®発売7周年を迎えました。今回はイムナビにも掲載されたMS患者さんがライフステージごとに感じた心境や、MS患者さんを持つご家族の声を掲載しておりますので、是非ご覧ください。

2019/10/11new会員

第2回 MS患者さんのライフステージ、ご家族の声

ラジカットALS臨床データ

ラジカットALS臨床データ

ラジカットの実臨床における試験結果が報告されました。
ラジカット投与群27例、非投与群30例で、生存率、ALSFRS-Rスコア変化量、血清クレアチニン値の項目が検討された他、安全性に関しても確認されています。

2019/02/15new会員動画

ラジカット開発時試験データ

ラジカット臨床試験概要

ラジカット臨床試験データ

髄鞘再生を可視化するミエリンマップ法とフィンゴリモド治療の最適化

髄鞘再生を可視化するミエリンマップ法とフィンゴリモド治療の最適化

MSの診断および治療効果判定にMRIは必須です。従来のMRI撮影では髄鞘および髄鞘再生をとらえることは困難でしたが、ミエリンマップ法では髄鞘再生が可視化され、DMD治療効果が検討されるようになりました。

2018/04/27new会員動画

Cognitive Dysfunction in Multiple Sclerosis (多発性硬化症における高次脳機能障害)

Cognitive Dysfunction in Multiple Sclerosis (多発性硬化症における高次脳機能障害)

多発性硬化症では、再発、身体障害に加えて高次脳機能の低下を来さないようにすることが重要といわれています。今回、この領域の世界的な権威であるバッファロー大学ベネジクト先生にご講演頂きました。

2018/03/16new会員動画

SUNRISE Japan CHANNEL

SUNRISE Japan CHANNEL

ラジカットの特定使用成績調査(筋萎縮性側索硬化症<ALS>)、SUNRISE Japanに関する情報コンテンツです。調査へのご理解・ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2019/08/05new会員

中間集計 vol.4(2015年10月13日~2019年4月3日)

ラジカットのALSを対象とした開発の歴史

ラジカットのALSを対象とした開発の歴史

ラジカットは2015年6月にALSに対する承認を取得しました。その後、日本での臨床試験データをもとに、韓国・米国でも承認を得ました。今日に至る、開発の長い道のりをご紹介させて頂きます。

2018/01/26new会員

イムセラKOLインタビュー

イムセラKOLインタビュー

「多発性硬化症・視神経脊髄炎診療ガイドライン2017」から、多発性硬化症に焦点をあてて、ガイドラインの位置づけ、発症因子、診断、治療、効果判定そしてフィンゴリモドの適正使用方法について解説していただきました。

2018/01/26new会員動画

多発性硬化症 イムセラ・KOLワンポイントトーク

多発性硬化症 イムセラ・KOLワンポイントトーク

多発性硬化症(MS)の診断・治療に関する最新の情報やイムセラの有用性・安全性情報に関してMS専門医からご解説をいただいております。

2017/06/30new会員動画

多発性硬化症(MS)の診断・治療のポイントを解説

多発性硬化症(MS)の病態解明と治療

多発性硬化症(MS)の病態解明と治療

多発性硬化症(MS)の研究や臨床における進展、MS治療の今後の課題などについて解説頂きました。

2016/06/03new会員

多発性硬化症(MS)の病態解明と治療-研究と臨床の変遷を中心に-

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の受診から診断に至るまで~早期発見にご協力を~

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の受診から診断に至るまで~早期発見にご協力を~

筋萎縮性側索硬化症(ALS)は非常に進行の早い疾患であるにも拘らず、その初発症状から整形外科・耳鼻科・内科等、神経内科以外の診療科を受診するケースが大半です。ALS早期発見のポイントをご紹介します。

2017/11/17new会員動画4分02秒

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の受診から診断に至るまで~早期発見にご協力を~

ALSFRS-R

ALSFRS-R

ALS 機能評価スケール改訂版(ALSFRS-R:The revised ALS Functional Rating Scale)は、ALS患者の日常生活を把握するために米国で作成された評価尺度です。
10分程度で採点できるため、簡便に臨床に応用可能です。また、経時的に計測することで病態進行の把握や予後予測にも用いることができます。

2017/07/14new会員動画

ALSFRS-R:評価ガイド

製品情報

くすり検索ナビ

添付文書・病名・相互作用・薬価などが検索できます。

くすり検索ナビ

学会開催情報

全国の学会開催情報を検索できます。

学会開催情報

学会共催セミナー

田辺三菱製薬の学会共催セミナーを検索できます。

学会共催セミナー

毎日配信最新の医療ニュースロイター・メディカル・ニュース

毎日配信

 

会員 毎日配信 Medical Tribune News

掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。

会員サイトのご案内

充実のコンテンツをお楽しみ頂けます

詳しくはこちら

製品情報

くすり検索ナビバナー

毎日配信最新の医療ニュースロイター・メディカル・ニュース

毎日配信

 

会員 毎日配信 Medical Tribune News