HOME の中の 製品情報 の中の バリキサ の中の サイトメガロウィルス感染症

vlxの特性・臨床成績など

特性(特徴)、開発の経緯、警告・禁忌を含む使用上の注意などを医療関係者の皆様に向けてご紹介

サイトメガロウイルス感染症

エイズ治療の臨床経験を通じて、サイトメガロウイルス感染症を考察する

エイズ治療の臨床経験を通じて、サイトメガロウイルス感染症を考察する

エイズ患者におけるCMV感染症を長く治療してこられた御経験から、全国のCMV感染症の治療にあたる全領域の医師に向けて、臨床の話題を中心にお話して頂きました。

2018年06月掲載new会員

ウイルス学の観点から考えるサイトメガロウイルス感染症

ウイルス学の観点から考えるサイトメガロウイルス感染症

サイトメガロウイルス(CMV)の特徴や、検査法、検査結果についての考え方について、ウイルス学的な観点から解説していただきました。また、抗CMV薬の一般的な使い分けについても紹介しています。さらに、後半では、産婦人科や小児科でも認識されるようになってきた近年の課題についても触れています。

2018年02月掲載new会員

造血幹細胞移植後におけるサイトメガロウイルス感染症マネジメント

造血幹細胞移植後におけるサイトメガロウイルス感染症マネジメント

造血幹細胞移植後におけるサイトメガロウイルス(CMV)感染症の特徴、リスク因子、治療フロー等について日本造血細胞移植学会ガイドラインを踏まえ解説していただきました。デノシン、バリキサの使い分け、腎機能障害患者に投与する際の留意点、CMV感染症マネジメントのピットフォール等についても紹介しています。

2017年09月掲載new会員

臓器移植後サイトメガロウイルス感染症の発症抑制

臓器移植後サイトメガロウイルス感染症の発症抑制 IMPACT試験

2016年8月、バリキサ錠の「臓器移植(造血幹細胞移植を除く)におけるサイトメガロウイルス(CMV)感染症の発症抑制」(予防投与)の効能が、日本移植学会からの要望のもと、公知申請を経て承認されました。今回は、公知該当の根拠資料の一つである海外臨床試験(IMPACT試験)について、有効性・安全性や医療経済などの切り口から解説します。

2017年03月掲載new会員

臓器移植後サイトメガロウイルス感染症の発症抑制

臓器移植後サイトメガロウイルス感染症の発症抑制

2016年8月に、抗サイトメガロウイルス化学療法剤「バリキサ錠450mg」について、臓器移植(造血幹細胞移植を除く)におけるサイトメガロウイルス感染症の発症抑制(予防投与)の効能が追加承認されました。今回は、専門医の先生より予防投与の臨床的意義についてお話を伺いました。

2017年02月掲載new会員

掲載している情報は、監修時もしくは掲載時のものです。

 

くすり検索ナビ new

添付文書・病名・相互作用・薬価などが検索できます。

くすり検索ナビ

学会共催セミナー

田辺三菱製薬の学会共催セミナーを検索できます。

学会共催セミナー

毎日配信最新の医療ニュースロイター・メディカル・ニュース

毎日配信

 

会員 毎日配信 Medical Tribune News

会員サイトのご案内

充実のコンテンツをお楽しみ頂けます

詳しくはこちら

サイトメガロウイルス感染症に
関連する情報はこちら

くすり検索ナビバナー

学会共催セミナー

田辺三菱製薬の学会共催セミナーを検索できます。

毎日配信最新の医療ニュースロイター・メディカル・ニュース

毎日配信

 

会員 毎日配信 Medical Tribune News