HOME の中の 臨床のあゆみ Web

臨床のあゆみ Web

臨床のあゆみ Web
臨床のあゆみ Web

「臨床のあゆみ」は様々な疾患の病態解説やオピニオンリーダーのインタビューなど、最新の話題が掲載された総合情報誌です。
このコンテンツでは本誌の特集記事と連動した内容を、webならではの拡張性を用いて体験いただけます。

特集 慢性下肢動脈閉塞症

(2020年 9月掲載)

臨床のあゆみ 表紙

慢性下肢動脈閉塞症は、下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)が大部分を占めています。近年、特にASOに限定して、下肢虚血、組織欠損、神経障害、感染といった下肢切断リスクを持ち、治療介入が必要な下肢の総称として、包括的高度慢性下肢虚血(CLTI)の概念が提唱されました。
本特集では、新たな疾患概念であるCLTIや血管再生治療について解説します。

バックナンバー

(2020年 2月掲載)

帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)の初感染により水痘を発症後、VZVが感覚神経節に潜伏感染、再活性化することで神経支配領域に帯状に紅斑、水疱が出現する疾患で、発疹が出現する前後に神経痛のような痛みを伴います。痛みは帯状疱疹後神経痛として残ることにより、患者のQOLを著しく低下させます。
本特集では、帯状疱疹の発症メカニズムから予防、鑑別などについて解説します。

(2019年 8月掲載)

炎症性腸疾患(IBD)は、腸管に原因不明の炎症を引き起こす慢性疾患で、代表的な疾患として潰瘍性大腸炎とクローン病が挙げられます。IBDの原因の一つとして、免疫系の異常によるTNF-αなどの炎症性サイトカインの過剰な産生が、疾患の発症・増悪を引き起こす要因になっていると考えられています。
本特集では、TNF-α抗体製剤の有用性を中心に、IBD診療におけるアザチオプリンの位置づけ、便中マーカーの有用性やIBDを合併した妊娠について解説します。

(2019年 3月掲載)

これまで強直性脊椎炎(AS)に代表される脊椎関節炎は、本邦ではあまり注目されてきませんでしたが、近年、治療薬の選択肢が増え、より早期に治療介入できる時代を迎えています。本特集では、ASの病態、治療やASの診断、治療方針決定に重要な画像所見、また本邦でも最近増加傾向にあると考えられている乾癬性関節炎について詳しく解説しています。

掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。

会員サイトのご案内

充実のコンテンツをお楽しみ頂けます

詳しくはこちら

くすり検索ナビバナー

毎日配信最新の医療ニュースロイター・メディカル・ニュース

毎日配信

 

会員 毎日配信 Medical Tribune News