HOME の中の 薬剤師サポート情報 の中の 保険薬局トレンドリポート の中の 大学病院の門前薬局から最高のおもてなしと地域密着の医療提供を目指して【1】

保険薬局トレンドリポート

保険薬局トレンドリポート

大学病院の門前薬局から最高のおもてなしと地域密着の医療提供を目指して

 
ウエルシア薬局 浜松医大前店
店長 柏原 正弘 先生
 
 
 
 
 
(静岡県浜松市)
ドラッグストアや在宅介護支援などを加えた調剤併設型の薬局を展開する「ウエルシア薬局」。今回ご紹介する「ウエルシア薬局 浜松医大前店」は浜松医大病院との薬薬連携を行うことで徹底したリスクマネジメントを行っています。また、薬を受け取る単なる調剤薬局ではなく、地域の人々がそこを訪れるのが楽しくなるような高級感ある空間づくり、和やかな雰囲気づくり、ためになる設備づくりも徹底。そのきめ細やかなサービス内容についても伺いました。

高級ホテルを思わせる空間とおもてなし

—最初に貴店の概要についてお聞かせください。

店内の様子柏原先生:
 当店は約10年前に、浜松医大病院の門前薬局としてオープンしました。処方箋は1日150枚前後。パートや派遣スタッフを含めて、現在12名の薬剤師が在籍しております。患者さんは医大病院のほか、眼科や内科、メンタルクリニックなど近隣のクリニックさんからも多くいらっしゃいます。店舗は年中無休なため、土日には浜松市内全域からお客さまが足を運ばれます。


—まず、こちらの店舗に入った瞬間に驚いたのが、これまでの薬局のイメージとは異なる、高級感のあるとてもきれいな店舗だという点です。

柏原先生:
 ありがとうございます。地域の方や患者さんが求める薬局のニーズを探りつつ、自分たちから見て「こんな薬局があったらいいな」と思えるものを少しずつ形にしてきました。


—特に目を引いたのが待合室に設けられたマッサージチェアやカフェスペースです。これなら待ち時間もゆったりくつろげそうです。ほかにも、個室になった投薬窓口や授乳室、キッズスペースなど、お子さん連れの方も安心して利用できる空間づくりに工夫を感じました。

マッサージチェア・キッズスペース柏原先生:
 薬局で皆さんが気にされるのが待ち時間の長さです。当店の場合、医大病院の門前薬局ということもあり、複数科を受診されていたり、処方薬が複数にわたる方がとても多いのです。そうなると、どうしても待ち時間が長くならざるを得ません。だったら、その時間が苦痛になるのではなく、より有意義な気持ちになってもらえるようにしたいと考えています。イメージは高級ホテルでのおもてなしの提供です。BGMはクラシック音楽にし、ソファは高級なものを使い、足の不自由な方のために車椅子も完備。サービス向上をめざし、今年5月からはコンシェルジュを導入しました。荷物の多い方や体の不自由な方のお手伝いをはじめ、お客さまのご要望にお応えするサービスを提供しています。今後さらに増やしてサービスの充実を図っていきたいです。


—今年6月からは簡単に血液検査ができる血液検体室も設置されたそうですね。

血液検体室柏原先生:
 はい。セルフメディケーションの必要性が高まっている今、地域の方に少しでもそのお手伝いができる環境を作っていきたいと考え設置しました。予約は不要で所要時間は10~15分程度。高血圧や糖尿病、脂質異常症など、生活習慣病に関係する13の検査項目を網羅しております。健康診断に行く時間がないという方には特に好評を得ています。また、プライバシーを守るため、個室となっている点も利用のしやすさだと思います。


掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。

毎日配信最新の医療ニュースロイター・メディカル・ニュース

毎日配信

 

会員 毎日配信 Medical Tribune News

製品情報

くすり検索ナビ

添付文書・病名・相互作用・薬価などが検索できます。

くすり検索ナビ

学会共催セミナー

田辺三菱製薬の学会共催セミナーを検索できます。

学会共催セミナー

会員サイトのご案内

充実のコンテンツをお楽しみ頂けます

詳しくはこちら

製品情報

くすり検索ナビバナー

学会共催セミナー

田辺三菱製薬の学会共催セミナーを検索できます。

毎日配信最新の医療ニュースロイター・メディカル・ニュース

毎日配信

 

会員 毎日配信 Medical Tribune News