HOME の中の 薬剤師サポート情報 の中の 保険薬局トレンドリポート の中の 24時間対応や管理システム化、自家発電などアグレッシブな取り組みで「選ばれる薬局」に の中の 病院や患者様からの信頼を得る入念なリスク管理 / 病院主催の勉強会などで薬薬連携を実現

保険薬局トレンドリポート

保険薬局トレンドリポート

24時間対応や管理システム化、自家発電などアグレッシブな取り組みで「選ばれる薬局」に

クラフト株式会社 薬局事業部
吉木 悠子 マネージャー(写真左)
さくら薬局 本店
大谷 萌 薬局長(写真右)
さくら薬局 本店
籠尾 航一郎 薬剤師(写真中央)  
クラフト株式会社 薬局事業部 吉木 悠子 マネージャー(写真左)
さくら薬局 本店 大谷 萌 薬局長(写真右)
さくら薬局 本店 籠尾 航一郎 薬剤師(写真中央)
 
 
(東京都板橋区)

 刻々と変わる社会情勢や生活環境の中で、日々変化し多様化する患者様のニーズを的確にとらえ、質の高い医療サービスを提供しているクラフト株式会社。1983年に、地域に根差した「開かれた調剤薬局」を目指す第一号店として誕生したのが、今回ご紹介する「さくら薬局本店」です。日大板橋病院の門前薬局として、300店を超えるグループ内でもいちはやく24時間処方箋応需体制を整え、地域医療に貢献してきました。“開かれた調剤薬局”から“選ばれる調剤薬局”へと成長を遂げる、同店の店舗運営の工夫や薬剤師個人の将来的なビジョンについて伺いしました。

病院や患者様からの信頼を得る入念なリスク管理
—大学病院の門前薬局として、あるいは地域的な特性から、患者様層などに他店とは違う特徴的なことは感じられますか

籠尾薬剤師:
 住宅街という立地条件から高齢者の患者様は多いですね。それに加え、日大板橋病院の患者様ですとガンや白血病HIV感染など専門性の高い疾患を抱えている方が特徴として挙げられます。こうした重度の疾患になりますと処方される薬剤の数も複数に渡り、副作用の出やすいものも多くなります。そこで、処方薬をお渡しする際には副作用が出ていないか、あるいは飲み忘れはないかの確認を念入りに行っています。


—扱っている医薬品の数や処方箋も多い上に、24時間体制を敷いている貴店では、調剤などでのリスク対応はどのように行われているのでしょうか

バーコードリーダーを利用したピッキングシステム 籠尾薬剤師:
 処方箋は平均で一日に420枚ほどになります。また夜間は少人数での対応になるので、調剤過誤には一段と気を付けています。具体的な防止策として、バーコードリーダーを利用したピッキングシステムと散薬監査システムの導入が挙げられます。ピッキングシステムは錠剤、散薬監査は散剤の調剤過誤を防ぐもので、薬剤や容量の違いなどを機械にてチェックし、業務の効率化にも役立てています。


—システム化の一方で、人の目や手による取り違いなどの防止に関してはどのような工夫をされていますか

籠尾薬剤師:
 「ヒヤリハット」の報告でよく上がってくるのが「似た名前の薬剤の取り違い」です。万が一、糖尿病の薬剤と感冒薬などを間違えてしまうと健康被害など重大な過誤につながりかねません。そこで、糖尿病や抗がん剤など疾患や専門的な薬剤ごとに棚分けをし、リスク管理を行っています。

大谷薬局長:
 ほかにも社内全店舗共通で行っているのが薬剤を保管する引き出しのインデックス化です。すべて五十音順に整理整頓し、どの薬剤師がどの店舗に異動になっても、ひと目でどこにどの薬剤があるかが把握でき、迷うことなく調剤ができるように統一されています。


病院主催の勉強会などで薬薬連携を実現
—専門性が高い薬剤を扱うということは、それに対する知識の習得も薬剤師には求められますね

籠尾薬剤師:
 専門性に加え、当店では新薬を扱うことが多いんです。そこで新たな薬剤を取り扱うことになった場合は、勉強会を開いて薬剤の特性や服用方法、注意すべき点などについて薬剤師全員で情報を共有し、自分達が得た知識はすぐに患者様に情報提供できるようにしています。そのほか、日本大学板橋病院主催の勉強会にも積極的に参加しています。


—病院サイドが保険薬局に声をかけて勉強会を開催するとは、珍しいことですね

吉木Mgr:
 処方を頂いている先生から「薬剤師が医師側の処方意図を理解し、それを患者様にフィードバックして欲しい」という要望があり、門前薬局向けの勉強会が開催されたのです。特徴的なのはただ医師の話を聞くのではなく、「話しをする場」であること。勉強会では薬剤師が司会をし、医師の処方意図や薬剤の使用方法など質疑応答がさかんに交わされます。地域医療の核となる大学病院の医師が中心となり、近隣の保険薬局の薬剤師ともコミュニケーションを図れるので、それだけでも地域が一体となって医療に取り組む、よいきっかけになっていると思います。

 
1/2
次へ
このコンテンツの最初のページへ

掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。

毎日配信最新の医療ニュースロイター・メディカル・ニュース

毎日配信

 

会員 毎日配信 Medical Tribune News

製品情報

くすり検索ナビ

添付文書・病名・相互作用・薬価などが検索できます。

くすり検索ナビ

学会共催セミナー

田辺三菱製薬の学会共催セミナーを検索できます。

学会共催セミナー

会員サイトのご案内

充実のコンテンツをお楽しみ頂けます

詳しくはこちら

製品情報

くすり検索ナビバナー

学会共催セミナー

田辺三菱製薬の学会共催セミナーを検索できます。

毎日配信最新の医療ニュースロイター・メディカル・ニュース

毎日配信

 

会員 毎日配信 Medical Tribune News