Medical View Point

医療関係者向け情報

Menu
× 閉じる

HOME の中の 製品紹介 の中の ノバスタン の中の 副作用

novの特性・臨床成績など

特性(特徴)、開発の経緯、警告・禁忌を含む使用上の注意などを医療関係者の皆様に向けてご紹介

副作用

※使用上の注意の詳細につきましては、最新の添付文書をご参照下さい。

(脳血栓症急性期、慢性動脈閉塞症、血液体外循環/ATⅢ低下状態)

(1)副作用(承認時)

副作用は、脳血栓症急性期4.1%(417例中17例)、慢性動脈閉塞症13.3%(180例中24例)、ATⅢ低下状態における血液体外循環25%(4例中1例)に認められた。

  承 認 時
脳血栓症急性期 慢性動脈閉塞症 血液体外循環/
ATⅢ低下状態※1
総症例※2
調査症例数 417 180 4 720
副作用発現症例数 17 24 1 48
副作用発現件数 20 30 1 57
副作用発現率 4.1% 13.3% 25.0% 6.7%
  脳血栓症急性期 慢性動脈閉塞症 血液体外循環/
ATⅢ低下状態※1
総症例※2
皮膚・皮膚付属器障害 3(0.72) 4(2.22) 0 7(0.97)
皮膚落屑 0 1(0.56) 0 1(0.14)
紅斑 0 1(0.56) 0 1(0.14)
発疹・皮疹・薬疹 3(0.72) 2(1.11) 0 5(0.69)
中枢・末梢神経系障害 2(0.48) 2(1.11) 0 4(0.56)
頭痛 2(0.48) 2(1.11) 0 4(0.56)
めまい 1(0.24) 0 0 1(0.14)
消化器障害 2(0.48) 6(3.33) 1(25.0) 9(1.25)
嘔気・悪心 1(0.24) 2(1.11) 0 3(0.42)
食欲不振 1(0.24) 1(0.56) 0 2(0.28)
心窩部膨満感 1(0.24) 0 0 1(0.14)
上腹部痛 0 1(0.56) 0 1(0.14)
心窩部痛 0 1(0.56) 0 1(0.14)
下痢 0 2(1.11) 1(25.0) 3(0.42)
心・血管障害(一般) 1(0.24) 2(1.11) 0 3(0.42)
四肢腫脹 0 2(1.11) 0 2(0.28)
不整脈 1(0.24) 0 0 1(0.14)
心筋・心内膜・心膜・弁膜障害 1(0.24) 0 0 1(0.14)
狭心症発作 1(0.24) 0 0 1(0.14)
血管(心臓外)障害 0 4(2.22) 0 4(0.56)
血管痛 0 2(1.11) 0 2(0.28)
血管炎 0 1(0.56) 0 1(0.14)
発赤 0 1(0.56) 0 1(0.14)
呼吸器系障害 1(0.24) 3(1.67) 0 4(0.56)
息苦しい 0 2(1.11) 0 2(0.28)
呼吸困難 0 1(0.56) 0 1(0.14)
過換気症候群 1(0.24) 0 0 1(0.14)
血小板・出血凝血障害 7(1.68) 1(0.56) 0 14(1.94)
出血傾向増強 0 0 0 2(0.28)
凝固時間異常延長 0 0 0 4(0.56)
出血性脳梗塞 3(0.72) 0 0 3(0.42)
血尿 4(0.96) 1(0.56) 0 5(0.69)
一般的全身障害 1(0.24) 7(3.89) 0 8(1.11)
疼痛 0 5(2.78) 0 5(0.69)
熱感(全身) 0 1(0.56) 0 1(0.14)
熱感(四肢) 0 1(0.56) 0 1(0.14)
胸部不快感 1(0.24) 0 0 1(0.14)

社内資料

※1:
ATⅢが70%以下で、通常ヘパリンで体外循環路内凝血(残血)が改善しないと判断された症例(血液透析)に限定されている。
※2:
効能・効果外の血栓性疾患を含む。
器官別大分類 例数表示(発現率)
副作用名 件数表示(発現率)

1例あたり複数件の副作用が含まれる場合もある。

ノバスタンにおいては、重大な副作用として、出血性脳梗塞、脳出血、消化管出血、ショック・アナフィラキシーショック、劇症肝炎、肝機能障害、黄疸が報告されている。

副作用/臨床検査値異常

(2)臨床検査値異常(承認時)

ATⅢ低下状態における血液体外循環※1においては臨床検査値異常は認められなかった。

検査項目 承 認 時(%)
脳血栓症急性期 慢性動脈閉塞症 総症例※2
血圧上昇 3/314(0.96) 0/134 3/518(0.58)
脈拍数 0/293 0/133 0/503
血液学的検査 赤血球減少 2/369(0.54) 2/162(1.23) 4/649(0.62)
白血球増加 3/370(0.81) 3/159(1.89) 6/649(0.92)
白血球減少 1/370(0.27) 0/159 1/649(0.15)
ヘモグロビン減少 3/369(0.81) 2/162(1.23) 5/652(0.77)
ヘマトクリット値減少 2/369(0.54) 2/163(1.23) 4/645(0.62)
網状赤血球数     0/38
血小板増加 2/341(0.59) 0/152 2/493(0.41)
血小板減少 2/341(0.59) 0/152 2/493(0.41)
フィブリノーゲン増加   1/109(0.92) 1/109(0.92)
血液生化学検査 AST(GOT)上昇 16/362(4.42) 5/163(3.07) 23/639(3.60)
ALT(GPT)上昇 20/370(5.41) 8/163(4.91) 29/647(4.48)
LDH上昇 16/348(4.60) 1/157(0.64) 17/616(2.76)
Al-P上昇 9/335(2.69) 2/159(1.26) 12/598(2.01)
総ビリルビン上昇 6/332(1.81) 0/154 7/580(1.21)
BUN上昇 3/367(0.82) 2/158(1.27) 5/632(0.79)
血清クレアチニン 0/354 0/154 0/614
総コレステロール上昇 0/304 1/84(1.19) 1/443(0.23)
トリグリセライド上昇   2/59(3.39) 2/59(3.39)
総蛋白 0/356 0/91 0/556
A/G比低下   1/70(1.43) 1/144(0.69)
血糖   0/56 0/56
Ca2+ 0/266 0/61 0/395
Na低下 2/367(0.54) 0/89 2/558(0.36)
K 0/366 0/89 0/577
Cl低下 1/353(0.28) 0/85 1/538(0.19)
血液学的検査 蛋白 0/327 0/146 1/532(0.19)
0/329 0/147 0/534
ウロビリノーゲン   0/144 0/202
潜血 8/321(2.49)   8/321(2.49)
沈渣     0/4

社内資料

※1:
ATⅢが70%以下で、通常ヘパリンで体外循環路内凝血(残血)が改善しないと判断された症例(血液透析)に限定されている。
※2:
効能・効果外の血栓性疾患を含む。

副作用/臨床検査値異常

(3)副作用:脳血栓症急性期(再審査終了時)

脳血栓症急性期の再審査終了時集計では7.95%(3,360例中267例)に副作用が認められ、合計7.52%(3,777例中284例)に副作用が認められた。

  脳血栓症急性期
承認時 承認後 合 計
417 3,360 3,777
調査症例数
副作用発現症例数 17 267 284
副作用発現件数 20 366 386
副作用発現率 4.08% 7.95% 7.52%
  脳血栓症急性期
承認時 承認後 合 計
1(0.24) 1(0.03) 2(0.05)
心筋・心内膜・
心膜・弁膜障害
狭心症発作 1(0.24) 0 1(0.03)
心筋梗塞 0 1(0.03) 1(0.03)
心拍数・心リズム障害 1(0.24) 0 1(0.03)
不整脈 1(0.24) 0 1(0.03)
血管(心臓外)障害 3(0.72) 41(1.22) 44(1.16)
出血性脳梗塞 3(0.72) 41(1.22) 44(1.16)
呼吸器系障害 1(0.24) 1(0.03) 2(0.05)
過換気 1(0.24) 0 1(0.03)
間質性肺炎 0 1(0.03) 1(0.03)
赤血球障害 0 15(0.45) 15(0.40)
貧血 0 14(0.42) 14(0.37)
赤血球減少 0 1(0.03) 1(0.03)
白血球・網内系障害 0 11(0.33) 11(0.29)
白血球減少(症) 0 7(0.21) 7(0.19)
白血球増多(症) 0 4(0.12) 4(0.11)
血小板・出血凝血障害 4(0.96) 39(1.16) 43(1.14)
消化管出血 0 5(0.15) 5(0.13)
血小板増加 0 1(0.03) 1(0.03)
血小板減少(症) 0 5(0.15) 5(0.13)
血尿 4(0.96) 8(0.24) 12(0.32)
口腔内出血 0 1(0.03) 1(0.03)
紫斑性出血 0 1(0.03) 1(0.03)
出血 0 2(0.06) 2(0.05)
吐血 0 1(0.03) 1(0.03)
脳出血 0 3(0.09) 3(0.08)
鼻出血 0 1(0.03) 1(0.03)
プロトロンビン時間延長 0 2(0.06) 2(0.05)
下血 0 3(0.09) 3(0.08)
血便 0 1(0.03) 1(0.03)
タール便 0 1(0.03) 1(0.03)
皮下出血 0 1(0.03) 1(0.03)
aPTT 延長 0 3(0.09) 3(0.08)
硬膜下血腫 0 1(0.03) 1(0.03)
泌尿器系障害 0 11(0.33) 11(0.29)
血中クレアチニン上昇 0 7(0.21) 7(0.19)
腎機能悪化 0 1(0.03) 1(0.03)
腎機能障害 0 1(0.03) 1(0.03)
腎不全 0 1(0.03) 1(0.03)
BUN上昇 0 4(0.12) 4(0.11)
女性生殖(器)障害 0 1(0.03) 1(0.03)
月経過多 0 1(0.03) 1(0.03)
一般的全身障害 1(0.24) 1(0.03) 2(0.05)
悪寒 0 1(0.03) 1(0.03)
胸部不快感 1(0.24) 0 1(0.03)
発熱 0 1(0.03) 1(0.03)
  脳血栓症急性期
承認時 承認後 合 計
3(0.72) 3(0.09) 6(0.16)
皮膚・皮膚付属器障害
じんま疹 0 1(0.03) 1(0.03)
発疹 0 1(0.03) 1(0.03)
皮疹 1(0.24) 1(0.03) 2(0.05)
薬疹 2(0.48) 0 2(0.05)
中枢・末梢神経系障害 2(0.48) 4(0.12) 6(0.16)
痙攣 0 1(0.03) 1(0.03)
頭痛 2(0.48) 2(0.06) 4(0.11)
めまい 1(0.24) 0 1(0.03)
脳浮腫 0 1(0.03) 1(0.03)
自律神経系障害 0 1(0.03) 1(0.03)
顔色不良 0 1(0.03) 1(0.03)
消化器障害 2(0.48) 3(0.09) 5(0.13)
嘔気 1(0.24) 2(0.06) 3(0.08)
嘔吐 0 1(0.03) 1(0.03)
下痢 0 1(0.03) 1(0.03)
心窩部膨満感 1(0.24) 0 1(0.03)
食欲不振 1(0.24) 0 1(0.03)
肝臓・胆道系障害 0 148(4.40) 148(3.92)
黄疸 0 1(0.03) 1(0.03)
肝機能異常 0 63(1.88) 63(1.67)
肝機能障害 0 4(0.12) 4(0.11)
肝機能低下 0 1(0.03) 1(0.03)
肝障害 0 1(0.03) 1(0.03)
AST(GOT)上昇 0 66(1.96) 66(1.75)
ALT(GPT)上昇 0 50(1.49) 50(1.32)
血清ビリルビン上昇 0 3(0.09) 3(0.08)
トランスアミナーゼ(値)上昇 0 1(0.03) 1(0.03)
γ-GTP 上昇 0 1(0.03) 1(0.03)
代謝・栄養障害 0 30(0.89) 30(0.79)
Al-P 上昇 0 14(0.42) 14(0.37)
LDH 上昇 0 13(0.39) 13(0.34)
高尿酸血症 0 2(0.06) 2(0.05)
血中コレステロール低下 0 1(0.03) 1(0.03)
低蛋白血症 0 4(0.12) 4(0.11)
血清総蛋白減少 0 1(0.03) 1(0.03)
心・血管障害(一般) 0 2(0.06) 2(0.05)
心不全 0 1(0.03) 1(0.03)
血圧低下 0 1(0.03) 1(0.03)

※使用成績調査の集計
調査期間:平成8年4月16日~平成11年3月31日
社内資料

器官別大分類 例数表示(発現率)
副作用名 件数表示(発現率)

1例あたり複数件の副作用が含まれる場合もある。

ノバスタンにおいては、重大な副作用として、出血性脳梗塞、脳出血、消化管出血、ショック・アナフィラキシーショック、劇症肝炎、肝機能障害、黄疸が報告されている。

(4)副作用:慢性動脈閉塞症(再審査終了時)

慢性動脈閉塞症の再審査終了時集計では3.53%(5,019例中177例)に副作用が認められ、合計3.87%(5,199例中201例)に副作用が認められた。

  慢性動脈閉塞症
承認時 承認後 合 計
180 5,019 5,199
調査症例数
副作用発現症例数 24 177 201
副作用発現件数 30 253 283
副作用発現率 13.3% 3.53% 3.87%
  慢性動脈閉塞症
承認時 承認後 合 計
2(1.11) 6(0.12) 8(0.15)
心・血管障害(一般)
四肢腫脹 2(1.11) 0 2(0.04)
浮腫 0 2(0.04) 2(0.04)
ST低下 0 1(0.02) 1(0.02)
血圧上昇 0 2(0.04) 2(0.04)
血圧低下 0 1(0.02) 1(0.02)
心筋・心内膜・心膜・弁膜障害 0 1(0.02) 1(0.02)
冠動脈攣縮 0 1(0.02) 1(0.02)
血管(心臓外)障害 4(2.22) 14(0.28) 18(0.35)
血管痛 2(1.11) 7(0.14) 9(0.17)
血管炎 1(0.56) 2(0.04) 3(0.06)
静脈炎 0 2(0.04) 2(0.04)
発赤 1(0.56) 0 1(0.02)
潮紅(フラッシング) 0 4(0.08) 4(0.08)
呼吸器系障害 3(1.67) 3(0.06) 6(0.12)
息苦しい 2(1.11) 0 2(0.04)
呼吸困難 1(0.56) 2(0.04) 3(0.06)
喘鳴 0 1(0.02) 1(0.02)
赤血球障害 0 2(0.04) 2(0.04)
貧血 0 2(0.04) 2(0.04)
白血球・網内系障害 0 3(0.06) 3(0.06)
白血球減少(症) 0 2(0.04) 2(0.04)
白血球増多(症) 0 1(0.02) 1(0.02)
血小板・出血凝血障害 1(0.56) 52(1.04) 53(1.02)
凝固時間延長 0 8(0.16) 8(0.15)
凝固異常 0 1(0.02) 1(0.02)
出血・出血傾向 0 14(0.28) 14(0.27)
止血延長 0 1(0.02) 1(0.02)
鼻出血 0 1(0.02) 1(0.02)
脳出血 0 2(0.04) 2(0.04)
喀血 0 1(0.02) 1(0.02)
消化管出血 0 1(0.02) 1(0.02)
吐血 0 4(0.28) 4(0.08)
下血 0 2(0.04) 2(0.04)
タール便 0 1(0.02) 1(0.02)
血尿 1(0.56) 10(0.20) 11(0.21)
膣出血 0 1(0.02) 1(0.02)
血腫 0 2(0.04) 2(0.04)
血小板減少 0 2(0.04) 2(0.04)
汎血球減少(症) 0 2(0.04) 2(0.04)
皮下出血 0 3(0.06) 3(0.06)
紫斑(病) 0 1(0.02) 1(0.02)
D I C 0 1(0.02) 1(0.02)
泌尿器系障害 0 9(0.18) 9(0.17)
BUNの上昇 0 6(0.12) 6(0.12)
血中クレアチニン上昇 0 5(0.10) 5(0.10)
腎機能障害 0 2(0.04) 2(0.04)
一般的全身障害 7(3.89) 12(0.24) 19(0.37)
疼痛 5(2.78) 2(0.04) 7(0.13)
発熱 0 5(0.10) 5(0.10)
顔面潮紅 0 1(0.02) 1(0.02)
熱感(全身) 1(0.56) 1(0.02) 2(0.04)
熱感(四肢) 1(0.56) 0 1(0.02)
胸部不快感 0 2(0.04) 2(0.04)
悪寒 0 1(0.02) 1(0.02)
倦怠感 0 1(0.02) 1(0.02)
適用部位障害 0 2(0.04) 2(0.04)
発赤腫脹(注射部) 0 1(0.02) 1(0.02)
注射部出血斑 0 1(0.02) 1(0.02)
  慢性動脈閉塞症
承認時 承認後 合 計
4(2.22) 17(0.34) 21(0.40)
皮膚・皮膚付属器障害
 皮膚落屑 1(0.56) 0 1(0.02)
紅斑 1(0.56) 1(0.02) 2(0.04)
発疹 1(0.56) 3(0.06) 4(0.08)
発疹(紅斑性) 0 1(0.02) 1(0.02)
皮疹 1(0.56) 1(0.02) 2(0.04)
皮疹(水疱性) 0 1(0.02) 1(0.02)
扁平苔癬様皮疹 0 1(0.02) 1(0.02)
顔面皮疹 0 1(0.02) 1(0.02)
薬疹 0 1(0.02) 1(0.02)
湿疹 0 1(0.02) 1(0.02)
そう痒 0 5(0.10) 5(0.10)
皮膚潰瘍形成 0 1(0.02) 1(0.02)
筋・骨格系障害 0 1(0.02) 1(0.02)
 筋肉痛 0 1(0.02) 1(0.02)
中枢・末梢神経系障害 2(1.11) 18(0.36) 20(0.38)
頭痛 2(1.11) 10(0.20) 12(0.23)
ろれつがまわらない 0 1(0.02) 1(0.02)
意識障害 0 1(0.02) 1(0.02)
異常知覚(四肢) 0 1(0.02) 1(0.02)
しびれ(四肢) 0 4(0.08) 4(0.08)
冷感 0 1(0.02) 1(0.02)
運動障害 0 1(0.02) 1(0.02)
ふらつき(感) 0 1(0.02) 1(0.02)
自律神経系障害 0 1(0.02) 1(0.02)
心悸亢進 0 1(0.02) 1(0.02)
冷汗 0 1(0.02) 1(0.02)
精神障害 0 1(0.02) 1(0.02)
不穏 0 1(0.02) 1(0.02)
不眠(症) 0 1(0.02) 1(0.02)
独語 0 1(0.02) 1(0.02)
視覚障害 0 1(0.02) 1(0.02)
視力低下 0 1(0.02) 1(0.02)
消化器障害 6(3.33) 25(0.50) 31(0.60)
嘔気・悪心 2(1.11) 11(0.22) 13(0.25)
嘔吐 0 6(0.12) 6(0.12)
食欲不振 1(0.56) 5(0.10) 6(0.12)
上腹部痛  1(0.56) 1(0.02) 2(0.04)
心窩部痛 1(0.56) 0 1(0.02)
腹痛 0 2(0.04) 2(0.04)
下痢 2(1.11) 10(0.20) 12(0.23)
肝臓・胆道系障害 0 35(0.70) 35(0.67)
 肝機能異常 0 16(0.32) 16(0.31)
 AST(GOT)上昇 0 16(0.32) 16(0.31)
 ALT(GPT)上昇 0 17(0.34) 17(0.33)
LDH上昇 0 3(0.06) 3(0.06)
代謝・栄養障害 0 6(0.12) 6(0.12)
 低ナトリウム血症 0 1(0.02) 1(0.02)
血清カリウム上昇 0 1(0.02) 1(0.02)
低蛋白血症 0 2(0.04) 2(0.04)
Al-P上昇 0 2(0.04) 2(0.04)

※使用成績調査の集計
調査期間:平成2年1月23日~平成8年1月22日
社内資料

器官別大分類 例数表示(発現率)
副作用名 件数表示(発現率)

1例あたり複数件の副作用が含まれる場合もある。

副作用(HITⅡ型における血栓症の発症抑制)

国内臨床試験(ARG-J)
国内で実施された医師主導治験では、8例中6例に、出血関連の副作用6件、肝障害4件、皮疹2件等の副作用が報告された。
海外の臨床試験(ARG911、ARG915)
米国で行われた臨床試験(安全性評価対象症例567例)では、168件の副作用が報告され、主な副作用は、深部静脈血栓症、出血等の血管障害27件、悪心等の胃腸障害24件、紫斑等の皮膚及び皮下組織障害18件等であった。

  国内試験
(ARG-J)
海外試験
(ARG 911, ARG 915)
8 567
調査症例数
副作用発現症例数 6  
副作用発現件数 18 168
副作用発現率 75.0%  
  国内試験
(ARG-J)
海外試験
(ARG 911, ARG 915)
副作用の種類(MedDRA, PT) 発現件数(%) 発現件数(%)
胃腸障害 1(12.5) -
便秘 1(12.5) 4(0.71)
下痢 0 3(0.53)
 嚥下障害 0 1(0.18)
胃炎 0 2(0.35)
胃腸出血 0 1(0.18)
メレナ 0 1(0.18)
悪心 0 7(1.24)
舌障害 0 1(0.18)
嘔吐 0 4(0.71)
肝胆道系障害 1(12.5) -
肝不全 0 1(0.18)
肝機能異常 0 2(0.35)
肝腫大 0 1(0.18)
高ビリルビン血症 0 2(0.35)
黄疸 0 1(0.18)
肝障害 1(12.5) 0
皮膚および皮下組織障害 3(37.5) -
脱毛症 0 1(0.18)
水疱性皮膚炎 0 1(0.18)
多汗症 0 2(0.35)
点状出血 1(12.5) 0
紫斑 0 7(1.24)
発疹 0 5(0.89)
紅斑性皮疹 1(12.5) 0
皮膚障害 0 1(0.18)
蕁麻疹 1(12.5) 1(0.18)
筋骨格系および結合組織障害 0 -
筋力低下 0 1(0.18)
筋痛 0 1(0.18)
腎および尿路障害 0 -
血尿 0 3(0.53)
腎不全 0 1(0.18)
全身障害および投与局所様態 0 -
適用部位反応 0 2(0.35)
疲労 0 2(0.35)
注射部位反応 0 2(0.35)
末梢性浮腫 0 1(0.18)
疼痛 0 2(0.35)
発熱 0 3(0.53)
臨床検査 2(25.0) -
アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加 1(12.5) 1(0.18)
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加 1(12.5) 2(0.35)
血中乳酸脱水素酵素増加 0 1(0.18)
凝固因子減少 0 3(0.53)
凝固時間延長 0 3(0.53)
γ-グルタミルトランスフェラーゼ増加 1(12.5) 0
 尿中血陽性 1(12.5) 0
 プロトロンビン量減少 0 4(0.71)
 血小板数増加 1(12.5) 0
血中アルカリホスファターゼ増加 0 1(0.18)
傷害、中毒および処置合併症 1(12.5) -
術中出血 1(12.5) 0
創部分泌 0 1(0.18)
副作用の種類
(MedDRA, PT)
発現件数(%) 発現率(%)
感染症および寄生虫症 0 -
感染 0 4(0.71)
尿路感染 0 2(0.35)
血液およびリンパ系障害 1(12.5) -
貧血 1(12.5) 6(1.06)
凝血異常 01 3(0.53)
白血球減少症 0 1(0.18)
血小板減少症 0 3(0.53)
代謝および栄養障害 0 -
食欲不振 0 2(0.35)
低血糖症 0 1(0.18)
低ナトリウム血症 0 1(0.18)
精神障害 0 -
錯乱状態 0 2(0.35)
神経系障害 1(12.5) -
脳血管障害 0 1(0.18)
痙攣 1(12.5) 0
浮動性めまい 0 3(0.53)
頭蓋内出血 1(12.5) 0
頭痛 0 3(0.53)
筋緊張低下 0 1(0.18)
会話障害 0 1(0.18)
失神 0 2(0.35)
眼障害 1(12.5) -
結膜出血 1(12.5) 0
視覚障害 0 1(0.18)
耳および迷路障害 0 -
難聴 0 1(0.18)
心臓障害 1(12.5) -
上室性不整脈 0 1(0.18)
心房細動 0 2(0.35)
心停止 0 1(0.18)
心不全 1(12.5) 0
心筋梗塞 0 1(0.18)
心嚢液貯留 0 1(0.18)
頻脈 0 2(0.35)
心室性頻脈 0 1(0.18)
血管障害 0 -
高血圧 0 1(0.18)
低血圧 0 3(0.53)
末梢性虚血 0 1(0.18)
静脈炎 0 2(0.35)
ショック 0 1(0.18)
血栓性静脈炎 0 2(0.35)
表在性血栓性静脈炎 0 1(0.18)
血栓症 0 3(0.53)
深部静脈血栓症 0 6(1.06)
出血 0 6(1.06)
末梢血管塞栓症 0 1(0.18)
呼吸器、胸郭および縦隔障害 2(25.0) -
呼吸困難 0 2(0.35)
 鼻出血 1(12.5) 0
喀血 1(12.5) 0
しゃっくり 0 1(0.18)
低酸素症 0 4(0.71)
胸水 0 1(0.18)
肺塞栓症 0 2(0.35)
 肺出血 0 1(0.18)

社内資料

器官別大分類
(MedDRA,SOC)
例数表示(発現率)
副作用名
(MedDRA,PT)
件数表示(発現率)

※使用上の注意の詳細につきましては、最新の添付文書をご参照下さい。

掲載している情報は、監修時もしくは掲載時のものです。