田辺三菱製薬Medical View Point 医療関係者向け情報

印刷

ID

パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら

診療報酬はやわかりマニュアル 2012年4月改定版(2012年6月発行)

青字の部分 ・・・・2012年度改定での変更点(新設、名称変更等を含む)

入院基本料等加算

精神科リエゾンチーム加算新届 200点(週1回)

一般病棟における精神医療のニーズが高まっていることを受け、多職種からなる精神科リエゾンチームによる診療を評価した加算です。

対象患者は、せん妄や抑うつを有する患者、精神疾患を有する患者、自殺企図者であり、これらの患者に精神科リエゾンチームが診療を行った場合に算定できます。ただし、1週間当たりの算定患者数は1チームにつき概ね30人以内とされています。

【精神科リエゾンチームの診療内容】
  • 初回の診療に当たり、患者の診療を担当する医師、看護師等と共同で診療実施計画書を作成し、その内容を患者等に説明した上で診療録に添付。
  • 精神症状の評価や診療方針の決定等に係るカンファレンス及び回診を週1回程度実施し、必要に応じて患者の担当医、看護師等が参加して、治療評価書を作成し、その内容を患者等に説明した上で診療録に添付。
  • 治療終了時又は退院・転院時には、治療結果の評価を行い、それを踏まえてチームで終了時指導又は退院時等指導を行い、治療評価書を作成し、その内容を患者等に説明した上で診療録に添付。
  • 継続した精神科医療が必要な場合、退院・転院後も精神科医療が継続できるような調整を行う。紹介先に対して、診療情報提供書を作成した場合は、計画書及び評価書を添付。
【主な施設基準】
  • 以下の3名以上から構成される精神科リエゾンチームを設置。
    1. ア.勤務経験5年以上の専任の精神科医師(他の医療機関の勤務医が対診等により参画しても可)。
    2. イ.精神科等の経験5年以上で、所定の研修(本コンテンツでは割愛)を修了した専任の常勤看護師。
    3. ウ.精神科病院又は一般病院での精神医療の経験3年以上の専従の常勤薬剤師、常勤作業療法士、常勤精神保健福祉士、常勤臨床心理技術者のうち、いずれか1名。
  • 入院患者の精神状態や算定対象患者への診療方針などに係るカンファレンスが週1回程度開催され、当該チーム員及び必要に応じて患者の担当医師、看護師などが参加。
  • 当該チームにより作成した診療実施計画書や治療評価書には、精神症状等の重症度評価、治療目標、治療計画等の内容を含む。
  • 病院勤務医の負担軽減及び処遇の改善に資する体制。
  • 当該チームによる診療を行った患者数や診療回数等を記録。

掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。

  • 製品情報に関するお問い合わせ
Get Abobe Reader

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

このページのトップへ

© Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation.